2018/12/06 09:53



カラーは美しさ・鮮やかさがありますが、同時にキツさ・強さもあります。

-

カラーの強い部分を和らげてあげると、美しさが残ります。

逆にキツさだけ強調しちゃうと「うわ~」という感じになります。

-

-

どうすれば良いかと言うと

一番簡単なのは「同系色を合わせて馴染ませる」ことです。

-

バーガンディーを主役に、オフのタートルとグレージュのストールで顔まわりを明るくしました。

パンツはピンクがかったベージュで、同系色で馴染ませています。

足元やバッグは黒でも良いですが、白いスニーカーで軽やかにしています。

-

上からバーガンディー→ピンクベージュ→白と何となくグラデーションになっています。

何となくで良いです。

-

-

カラーは強い部分を和らげてあげると、美しさが残る。

挑戦してみて下さい=