2019/03/18 08:12

その②「スカーフあれこれ」

-

-

スカーフ屋さんから生地見本が届きました。スタッフ石田も自身のスカーフを持って着てくれました

たくさんのスカーフサンプルを見ながら論議スタート=

いくつものスカーフと向き合って発見したことがあります!

その1 プリントで大切なのは四角いスカーフの端部分。真ん中はあまり重要ではない。

その2 プリントしていない白い部分も大事。ある程度白い部分が無いとプリントが生きてこない。

調整が必要ですっ

-

印刷前の最後のひと押しで「楽しさ」を入れます。

プリントやグラフィックで注意しているのは、「気持ちが楽しくなるようなものが入っているか」です。

「ここの部分にこんなの入れちゃったりしてw」

「こうしたらこうも使えたりしないかな?」

生まれたアイディアを入れるため、やり直しますっ

-

慎重に生地を選んで、データを何度も修正します。

修正して、A3にプリントしたものをつないで実際のスカーフの大きさで作ってみます。

そしてバランスを見て、また修正の繰り返し。

なんだかんだで1週間くらいはデータづくりに明け暮れました=

やっと校正出し完了です=

-

次は、実際の生地に部分的にプリントされた試作「マス見本」が送られて来ます。

それを見て、気になる点があれば、またまたデータ修正します。

-

-

爽やかで、しかもちょっとシャレの効いたスカーフで、みなさんにはこの夏を全身で楽しんでほしい!

そんな想いは日々少しずつですが進行し、だんだん形になります=