2019/04/03 09:41























ー オリジナルの革を作りに浅草へ ー

-

-

先月、オリジナルの革を作りに浅草に行きました

-

そこで出会ったこの辞書みたいな厚さのもの

なんだと思います?

革の型押しの見本が何百枚と貼っているサンプル帳です

-

型押し屋さんという、革に模様をつける職人さんがいるんです。

その職人さんの手作り

しかも1つ1つ名前がついています=

-

型押ししてある革は、長く綺麗に使うことができ、汚れやキズも目立ちません。

また、革の少しのキズは見えなくなってしまうため、革を有効に使えます。

生き物の革を無駄にしない、いわゆる「エコ」なんです

-

素材の良い部分だけを「贅沢」に使って作られたものも

それはそれでいいんですが

無駄を出さないよう、工夫して作られたものは「豊かさ」を感じます

料理でも、大根の葉を使っているとか聞くと

嬉しくなりませんか?=

-

ちなみに選んだ型の名前は「プリズム」です=

色々と革について教えてくれた専務さん、ありがとうございます+

-

こうして、ものづくりは少しずつ進んで行きます。

次は縫製職人さんと打ち合わせです。